萬斎さん観賞と日本画修得の日々

能楽や展覧会の観賞の感想を書いています

「十一月 五雲会」を観る

11月14日、宝生能楽堂へ。

能「岩船」
シテが高橋憲正さん、ワキが野口琢弘さん、ワキツレが野口能弘さん&吉田祐一さん。
アイが岡さん。

颯爽と始まりました。
囃子も、ワキ&ワキツレの謡も。

12:00開演って早すぎない?と思ってたけど、シャキッと正午に、この颯爽感、これはアリですねー

高橋憲正さんのシテを拝見するの、はじめてかも。
これまでに講座は何度か受講していて、お人柄&ヴィジュアルともに好きになり、いつかシテをなさるところを拝見したい、と思っていたのでした。

前シテのお姿、ステキでした。

黒頭に童子の面、鮮やかな空色の水衣、雪輪&瑞雲が配された縫箔。
瑞雲には、細かい七宝つなぎの柄がミッシリ金糸で施されています。

宝生の定期公演は、すべての装束をお家元が選んでくださる、と聞いたことがあるけど、
憲正さんに合わせて、お家元が
このファンシーなコーデをセレクトなさった、と考えると、ニマニマしちゃいます。
とてもマッチしてました。


狂言「鐘の音」
太郎冠者が裕基くん、主人が淡朗くん、後見が月崎さん。

裕基くんは、白地に若竹色の格子の縞熨斗目変わり亀甲の腰帯、鴬色の狂言袴、波がしら&橋が配されたスカイブルーの肩衣。

肩衣は、秋晴れの鎌倉空を映したかのよう。
そんな清々しい空のもと、
裕基くんとともに鎌倉めぐり。
なんとゆー贅沢!

最初に訪ねた寿福寺では、のっけから、佳い音色~

ここでそんないい音だしちゃうと、オオトリの建長寺で、ソートー頑張らないと、差が出にくくなっちゃうんじゃない?・・・と心配になってしまう。

が、建長寺では、その遥か上をゆく、゛さてもさても佳い音色゛でありました。

それと、鐘をつく所作がキレイなのです。ずっと観てたい。
もっと長いことお寺巡りつづけて欲しかった。

主を怒らせちゃって、お詫びのため(?)に謡うシーンでは、「そくびを・・・」と、ご自分の首筋に手刀を当てる所作が美しい。

音色も、所作も、お父さまの気配が色濃く感じられる、ひとときでした。

「万作を観る会」を観る

11月7日、国立能楽堂へ。
まるで、極上のお能の会に行ってきたかのような余韻に浸っています。

囃子方のお顔ぶれといい、
能がかりの「法師ヶ母」といい。

更に、「茸」は切能のような趣き。
山伏さまの装束が半切だったのも、お能テイストを増強していたように思います。

番組の2番目に「棒縛」を配したのも、狂言の王道ともいえる曲を真ん中に持ってくることで、
その前後の演目は、お能という位置付けにしてみよう、という意図にも感じられます。

これって、万作さんが仕組まれた作戦?
だとしたら、まんまと私は作戦にはまって嬉々としております!

素囃子「盤渉楽」
大鼓が國川純さん、小鼓が鵜澤洋太郎さん、笛が藤田次郎さん。 

狂言「法師ヶ母」
夫が万作さん、妻が中村くん。

地謡は、萬斎さんを地頭に、高野さん&内藤くん&裕基くん&飯田くん。
囃子方は、先ほどの素囃子メンバ。
後見が深田さん。

前場は、貰聟ちっくなコミカルな展開なんだけど、
後場になると、囃子方地謡が出てきて、一気にお能の風情に。

後シテの万作さんは、掛素襖を片脱ぎにされ、気品ただようお姿。
そして、地謡がとーってもカッコイイ。
こういう演目、いいですねー

狂言「棒縛」
太郎冠者が遼太くん、次郎冠者が淡朗くん、主が飯田くん、
後見が高野さん。

遼太くんが、若かりし頃の万作さんにソックリ。
酒宴で謡うお声も素敵でした。


狂言「茸」
山伏が萬斎さん、何某が石田幸雄さん。
茸が裕基くん&中村くん&内藤くん&飯田くん&竹山さん&岡さん&月崎さん&淡朗くん。
鬼茸が太一郎くん、

後見が遼太くん。

いままで観た「茸」のなかで、最も格調高い「茸」でした。

山伏さま&何某の格式ある佇まいに加え、
ナンバー3までのキノコにキレッキレ要員を配備することは、非常に重要なことだったのですねー

1番手のキノコ(黒色袴)は裕基くん。
2番手&3番手のキノコ(テールグリーン袴&紺色袴)は、中村くん&内藤くん。

動と静のメリハリが効いていて、ピタリと静止したときの姿が美しい。

裕基くんは姫茸でも光るけど、一番手のキノコのほうが、より光ります!

そして、極限まで鍛練を積まれてきた、仕上がりに仕上がってる中村くん&内藤くんコンビの投入も大正解だったんじゃないでしょうか。

「釣狐を観る会 第二日目」を観る

11月5日、国立能楽堂へ。

素囃子「養老 水波之伝」
囃子方が、柿原弘和さん&幸正昭さん&桜井均さん&栗林祐輔さん。

狂言「張蛸」
果報者が野村又三郎さん、太郎冠者が野村信朗くん、すっぱが萬斎さん、後見が石田幸雄さん。
囃子方は、さきほどの素囃子メンバ。

萬斎さんは、亀甲ちっくな細かい格子模様の紫色の長裃、淡い抹茶色&ブルーグレー&白の段熨斗目。

太郎冠者は、すっぱの元を立ち去るとき、「さらば さらば さらば」と挨拶。
挨拶の言い回しが、微妙に万作家とは違う。

万作家は、
「さーらーばー さーらーばぁ」
だった気がします。

今回は、萬斎さんも太郎冠者と同じ挨拶を。
シテのおうちのやり方に合わせる、というものなのですね、きっと。

あらすじは「末広かり」に似てるんだけど、買いたいグッズは、曲名になもなっている張タコです。

ということで、すっぱは、張タコと偽って、張ダイコを売りつけるわけです。
なので、果報者のご機嫌を直すための囃し物の小道具も、張ダイコになるわけですね。

リアル太鼓を太郎冠者が持ってるので、もしや囃子方は太鼓方ぬきの編成でなさるのか?
・・・と私は興味津々。

結果は、太鼓方もシッカリご登場されました。

囃し物が聴こえてきて、ついウキウキしちゃう果報者が、心底たのしそうでした。


万作さんによる小舞「住吉」

地謡は、萬斎さんを地頭に、内藤くん&裕基くん&飯田くん&淡朗くん。

万作さんは、とろみのある鈍色の紋付に黄橡色の袴。
地謡は、黒紋付に、5人オソロの袴。
袴の色は、万作さんと同系色ながら、微妙に違う。

謡うのがとても難しそうな節の連続。
ユリのてんこ盛りです。

今回の披きの当人(中村くん&内藤くん)だけでなく、
他の若手くんたちも、この際いい機会だから鍛えとこう!という、
万作さんの愛を感じます。

公演パンフのこの曲の欄には、「若い役者の船出へのエールである」と記載されていました。


狂言「釣狐」
白蔵主&狐が中村くん、
猟師が高野さん、
後見が萬斎さん&深田さん。

後見のおふたりは長裃。

圧倒されました。
2週間ほど前に内藤くん版を拝見していて、展開は知ってたはずなのに、

ふぬぬぬぬぅ
このキツネは罠の誘惑に負けちゃうのか?
はたまた、罠の誘惑を振りはらって、毅然と立ち去れるのか?
うわ~ どうなる どうなる?

と、固唾をのんで見入ってしまいました。
ストーリー展開へのドキドキと、この披きに挑む中村くんのひたむきとな姿を見る、というドキドキが重なって、息苦しくなるほど。

息苦しさでいったら、中村くんの比ではないですが。
中村くんの息遣いは苦し気で、終始、ハッ ハッ ハッ と切羽詰まったような呼吸音が響いていました。

それが中村くんご当人の息遣いなのか、危ない橋を渡っているキツネの息遣いなのか、わからなくなってくる。

あの暑苦しそうなキグルミは、演者を究極まで追いつめてスパークさせることを意図しているのかしら?

後見の萬斎さんが頭巾を整えるかのような態で、ハタンッ ハタンッと捌いてらした。
中村くんに風を送り込んでらしたのでしょうか。

六世万蔵さん(万作さんのお父様)の著書「狂言の道」には、「釣狐」の項が16ページもあるのですが、そのなかで「演者としては始めから苦しみ続けで、終わりまで緊張し通し」と言及されていました。f:id:jizo2109447:20201108142502j:plain

「釣狐を観る会 第二日目」を観る

11月5日、国立能楽堂へ。

素囃子「養老 水波之伝」
囃子方が、柿原弘和さん&幸正昭さん&桜井均さん&栗林祐輔さん。

狂言「張蛸」
果報者が野村又三郎さん、太郎冠者が野村信朗くん、すっぱが萬斎さん、後見が石田幸雄さん。
囃子方は、さきほどの素囃子メンバ。

萬斎さんは、亀甲ちっくな細かい格子模様の紫色の長裃、淡い抹茶色&ブルーグレー&白の段熨斗目。

太郎冠者は、すっぱの元を立ち去るとき、「さらば さらば さらば」と挨拶。
挨拶の言い回しが、微妙に万作家とは違う。

万作家は、
「さーらーばー さーらーばぁ」
だった気がします。

今回は、萬斎さんも太郎冠者と同じ挨拶を。
シテのおうちのやり方に合わせる、というものなのですね、きっと。

あらすじは「末広かり」に似てるんだけど、買いたいグッズは、曲名になもなっている張タコです。

ということで、すっぱは、張タコと偽って、張ダイコを売りつけるわけです。
なので、果報者のご機嫌を直すための囃し物の小道具も、張ダイコになるわけですね。

リアル太鼓を太郎冠者が持ってるので、もしや囃子方は太鼓方ぬきの編成でなさるのか?
・・・と私は興味津々。

結果は、太鼓方もシッカリご登場されました。

囃し物が聴こえてきて、ついウキウキしちゃう果報者が、心底たのしそうでした。


万作さんによる小舞「住吉」

地謡は、萬斎さんを地頭に、内藤くん&裕基くん&飯田くん&淡朗くん。

万作さんは、とろみのある鈍色の紋付に黄橡色の袴。
地謡は、黒紋付に、5人オソロの袴。
袴の色は、万作さんと同系色ながら、微妙に違う。

謡うのがとても難しそうな節の連続。
ユリのてんこ盛りです。

今回の披きの当人(中村くん&内藤くん)だけでなく、
他の若手くんたちも、この際いい機会だから鍛えとこう!という、
万作さんの愛を感じます。

公演パンフのこの曲の欄には、「若い役者の船出へのエールである」と記載されていました。


狂言「釣狐」
白蔵主&狐が中村くん、
猟師が高野さん、
後見が萬斎さん&深田さん。

後見のおふたりは長裃。

圧倒されました。
2週間ほど前に内藤くん版を拝見していて、展開は知ってたはずなのに、

ふぬぬぬぬぅ
このキツネは罠の誘惑に負けちゃうのか?
はたまた、罠の誘惑を振りはらって、毅然と立ち去れるのか?
うわ~ どうなる どうなる?

と、固唾をのんで見入ってしまいました。
ストーリー展開へのドキドキと、この披きに挑む中村くんのひたむきとな姿を見る、というドキドキが重なって、息苦しくなるほど。

息苦しさでいったら、中村くんの比ではないですが。
中村くんの息遣いは苦し気で、終始、ハッ ハッ ハッ と切羽詰まったような呼吸音が響いていました。

それが中村くんご当人の息遣いなのか、危ない橋を渡っているキツネの息遣いなのか、わからなくなってくる。

あの暑苦しそうなキグルミは、演者を究極まで追いつめてスパークさせることを意図しているのかしら?

後見の萬斎さんが頭巾を整えるかのような態で、ハタンッ ハタンッと捌いてらした。
中村くんに風を送り込んでらしたのでしょうか。

「第十二回 東京満次郎の会 FINAL」を観る

11月1日、宝生能楽堂へ。

辰巳大二郎さんによる仕舞「三輪」

狂言「萩大名」
大名が万作さん、太郎冠者が裕基くん、亭主が深田さん、後見が飯田くん。 

ダメダメ大名様に対する、太郎冠者のスマートなサポートぶりが、鮮やか。

なんとかしてキレイなお庭を主に見せてあげたい、と奔走するところは、健気で好感がもてます。

最後に太郎冠者は怒って居なくなっちゃったけど、このあとすぐに戻ってきたと思うなー

で、その時には、いやーごめんごめん、と大名の方が謝って、
太郎冠者は、まったくですよぉ、とか言って、仲直りしたことでしょう。

朗読劇「邯鄲」
能語りが榎木孝明さん、琵琶が須田隆久さん。

琵琶の主張つよめで面白い。
朗読の"マ"に、琵琶が響くのが心地よかった。

能「邯鄲 傘之出」
盧生が満次郎さん、舞人が辰巳和磨さん。

呂仙王(宿の女主人)が 萬斎さん。

勅使が森常好さん、
大臣が舘田善博さん&梅村昌功さん、
輿昇が大日方寛さん&小林克都さん。

囃子方が竹市学さん&源次郎さん&広忠さん&澤田晃良さん。

後見が宝生ご宗家&佐野登さん&和久荘太郎さん。

地謡は、前列2名&後列3名からなる全5名。
後列のみ透明のシールドマスク。

アイに始まり、アイに終わるのがいいですねー
しかも、アイは、重要なアイテム・枕の持主でもある。

更に今回は、小書つきのおかげで、更に傘というアイテムにも、アイが絡んでくるのです~

自分が経営する宿に、盧生がチェックインする時に、女主人サマが傘を受けとります。

なんとなく、人質ならぬ、モノ質って風にもみえてくる。
枕を使って寝ないことには、コレは返さないもんね、という。

そして、思惑どおりに事が運んだので、何事もなかったように最後に傘を返してくれたけど、

そうでなかったら、ぎらり、と豹変してたんじゃないかしら?
そう思わせる謎めいた美女でした。

ぎらり豹変も見てみたくなります!

会の冒頭に満次郎さんがご挨拶に出てこられて仰ることには、
時々、盧生が「これ夢なのかな?」と疑う場面が何度かあります、と。

なので、それを意識して拝見してみたら、ほんとだー
確かに!

盧生の面って、今まで私は、宿に着いた時の、悩める青年のお顔なんだと思ってたんだけど、
これは夢なのかな?と、疑うお顔にも思えてきました。

大小鼓が乱れ打ちに、笛の狂い吹き(こんな言葉あるのかな?)が凄かったです。

「成田美名子 原画展」を観る

先日、行ってまいりました。
なつかしの「エイリアン通り(ストリート)」や「CIPHER」から、「花よりも花の如く」まで。

一気に中高生の気分が戻ってくる心地です。
f:id:jizo2109447:20201101143804j:plain

わー
このカラー、LaLaから細心の注意で切り離して、下敷きに入れてたやつ!
・・・など、など。

今の私の能楽堂がよいのキッカケとなった「花よりも・・」の絵も多数。・
f:id:jizo2109447:20201101143840j:plain

特に黒紋付の絵がきれい。袴の縞々までがうつくしい。
f:id:jizo2109447:20201101143913j:plain

グッズの大半が完売で、空の棚に品切れを示す赤札がズラリ。
f:id:jizo2109447:20201101143943j:plain

会場内は写真OKとのことでした。

有楽町マルイ、8階にて、11/9まで開催中です。

「このあたりのもの~禍(わざわい)の時、狂言三代の見つめる遠い未来~」を観る

10月25日、NHK放送博物館へ。

万作さん&萬斎さん&裕基くんのドキュメンタリーの8K番組が、こちらで放映されると知って、急遽。

撮られたのは、犬童一心監督。
1時間の番組でしたが、とても濃~い内容。

裕基くんが奈須の披きに挑むまでの、萬斎さんによる鬼の特訓に胸を打たれました。
といっても愛の滴る鬼です。


腕を上げるちょっとした高さや、セリフの間や緩急など、めちゃくちゃ細くダメ出しある。

私はこれまで、
裕基くんのお声はもちろんのこと、膝に置かれた手に至るまで、萬斎さんに酷似していることに感嘆しておりましたが、
それは単にポヤ~ッと手に入ったモンじゃなかったのね。

神の芸をお持ちの万作さんの元に、萬斎さんのような天才がお生まれになったことも奇跡で、

その萬斎さんのご子息に、これまた煌め満ちた裕基くんが育たれたことも奇跡で、

奇跡が3回も続くって、どゆこと?って思ってたけど、
大変な鍛錬と努力のもとに、奇跡は作られてきたのだなあ、とシミジミ。

ビジュアルとか身体能力とか、もともとハイスペックな素養はあったにしても。

それと、プライベートのお着物のお姿が見れたのも嬉しかった。

裕基くんの紺の小地谷縮っぽいお着物、
萬斎さんの亀甲絣の白いお着物、
万作さんの蚊絣の黒いお着物など。

お舞台でお召しになる装束も素敵ですが、それらとはまた異なった味わいにトキめいていました。

この番組が、ごく一部の人の目にしか触れていないのは、勿体なさすぎる。
地上波でも放映されますよう強く願っています。