萬斎さん観賞と日本画修得の日々

吉祥寺で一棚だけの本屋さん(ブックマンション,145号,いもづる文庫)を始めました。お店番に入る日や棚のテーマ更新は、Instagramでお知らせします。

「小島英明 能の会 第十六回 碧風会」を観る

11月20日矢来能楽堂へ。

最初に小島英明さんご本人による見どころ解説。

今回の子方ちゃんは4歳

2歳で鞍馬天狗の稚児をなさって以来、2度目のお舞台だとか。
そして、親子共演は今回が初なのですって。

「櫻川」駒瀬直也さん。
「鐘之段」観世喜之さん。
解説でのお話によると、お能の曲に合わせて、
我が子を探す狂女物つながり、という選曲とのこと。

狂言入間川
大名が萬斎さん、
太郎冠者が内藤くん、
入間ノ何某が高野さん。

解説で小島先生が仰ることには、萬斎さんとご相談しての選曲とのこと。

隅田川とは東国の川つながりであり、
かつ、
昔は入間川隅田川の上流にあった、
という発想だそうです。

大名さまは、紺&金茶&常盤色の段熨斗目、枯茶色地に小槌ちっくな風車が配された素襖裃。
晩秋にふさわしく、深みのある厳かな色調です。

何某の逆さ言葉の合間合間に、
大名さまがリピートしたり、
う・うむ。
とか、
それそれ。
と、相の手を入れるのが絶妙です。

そして何某が、これまた、いーいトコで、間を作ってくれる。

何某とシーソーでもしてるかのように、キャッキャと興じる大名さまが可愛い。

太郎冠者は最初のうちこそ恭しく見守っていましたが、途中から冷めたモードに。

コレまだ続けるのかな?
早く終わらんかな?
と、スイッチoffしてる態。

それが、大名さまのはしゃぎっぷりを際立たせていて、余計に可笑しかった!


能「隅田川
狂女が小島英明さん、
その息子・梅若丸が小島伊織くん。
渡守が森常好さん、
旅人が舘田善博さん。

笛が松田弘之さん、
小鼓が飯田清一さん、
大鼓が柿原弘和さん。

狂女はスラリと背が高く、洗練された女性の印象。
船頭との問答も、マウントを取るために狂女が仕掛けてる風。

我が子を探し出すために強靭な意志をもつ、強い母という感じ。
こういう狂女もアリだなー、と面白かったです。

終演後に番組表を見たら、
隅田川」は、
能「班女」&狂言「花子」の後日譚という説がある、と。

納得〜
なるほど遊女だった女性なら、頭の回転も早くて、トークを操るのにも長けていそう。

そして、子方ちゃんがちっちゃいのに謡がしっかりしていて愛らしかったです!