萬斎さん観賞と日本画修得の日々

吉祥寺で一棚だけの本屋さん(ブックマンション,145号,いもづる文庫)を始めました。お店番に入る日や棚のテーマ更新は、Instagramでお知らせします。

「能を知る会 東京公演」を観る

9月11日、観世能楽堂へ。

最初に、
"身延山久遠寺財務部長"なる肩書きの長谷川寛清さんという方の講演。

講演のお題は、
"「女人成仏と能」 ー日蓮上人降誕800年企画ー”


狂言「簸屑」
太郎冠者が萬斎さん、
主が石田淡朗くん、
次郎冠者が太一郎くん、
後見が中村くん。

太郎冠者さまは、テールグリーンの格子の縞熨斗目、紺色の襟、山葵色の地に稲穂&鳴子の肩衣、洗朱色の狂言袴、梅の花紋の腰帯。

太郎冠者が睡魔に襲われて、眠りに入っていく時のお声が、鈍くうねる。
ひゃ~
蠱惑的な寝入り方!

で、その後に、カクンッと項垂れてからの、ユラッ、ピタッ、となる上体の振るまいが美しくって、ダンスのよう。


能「現在七面」
里女&龍女が中森貫太センセ、
日蓮聖人が福王和幸さん、
従僧が村瀬慧さん&矢野昌平さん、
能力が野村裕基くん。

笛が杉信太朗さん、
小鼓が飯田清一さん、
大鼓が広忠さん、
太鼓が小寺真佐人さん。

地謡は観世喜正さんを地頭に5人編成で、横一列レイアウト。

後シテの装束の変化が面白かったです。
後シテは、最初はミツウロコが見えない装束で登場するんだけど、途中で色々と取っ払って、ミツウロコだらけの装束が現れるのです。
擦箔も、鬘帯も、腰帯も、ミツウロコ
私は今まで、ミツウロコは変身フラグのようなもんだと思っていました。
つまり、この後に、とある本性を見せちゃうよー、という予告を、私たち観客にしてくれてるのだ、と。

が、今回は、ミツウロコを装束の下に仕込んでおきながら、それが見えないように、隠しておいて、あとからジャーン!と見せる、という新パターン。

フッフッフ~
気付かなかったでしょー、とでも言われているかのようで、愉しくなってしまいました。

さて、今回は、字幕のおかげで、「花帽子」なるワードを学習しました。
福王和幸さんが頭部を覆っておられた、コレです。
f:id:jizo2109447:20210917141347j:plain

なんて雅やかなネーミングなんでしょ。
以前に観た「歌仙」で僧正遍昭さまも、装着しておられたことを、なつかしく思い出しました。