萬斎さん観賞と日本画修得の日々

吉祥寺で一棚だけの本屋さん(ブックマンション,145号,いもづる文庫)を始めました。お店番に入る日や棚のテーマ更新は、Instagramでお知らせします。

「野村萬斎+坂本龍一+高谷史郎《LIFE - WELL》 2013年」の上映を観る

初台のNTTインターコミュニケーション・センター(以下、ICC)で、萬斎さんのレア映像が観れると知り、先日の日曜に行ってきました。 -その映像とは、10年ほど前に山口県で行われた「野村萬斎+坂本龍一+高谷史郎《LIFE - WELL》 2013年」。-当時、私は現地で…

「新春よこすか能 観世喜正プロデュース 蝋燭能 住吉詣」を観る

1月13日、横須賀芸術劇場へ、「新春よこすか能 観世喜正プロデュース 蝋燭能 住吉詣」を観に行ってきました。 -5年ほど前に伺った時は、えらく遠く感じましたが、今回はけっこう近かった印象です。-最初に観世喜正さんによる解説。丁寧に解説くださり、源氏…

「第105回 野村狂言座」を観る

1月11日、銀座能楽堂へ「第105回 野村狂言座」を観に行ってきました。-冒頭の解説は萬斎さん。その際に萬斎さんから、能登半島地震への募金の呼び掛けがありました。-終演後にロビーでシーツ募金やります、と。そして、定番の「できれば紙の方を」とのリクエ…

「観世会定期能 1月」を観る

1月7日、観世能楽堂へ、「観世会定期能 1月」を見に行ってきました。-「翁」翁が観世宗家、三番叟が裕基くん、千歳が杉浦悠一郎さん、面箱が中村修一くん。-笛が杉信太朗さん、小鼓頭取が幸正佳さん、脇鼓が飯田清一さん手先が曽和伊喜夫さん大鼓が原岡一之…

1月8 日に、吉祥寺のブックマンションで、源氏物語フェアをやります。

本日1月8日は、吉祥寺のブックマンションで、源氏物語フェアをやります。 (いもづる文庫の棚だけでなく、特設コーナーにも進出して、関連本を並べます。)-ラインナップの中から、1冊をご紹介します。-源氏物語が題材のお能に関する本としてセレクトした作品…

「いもづる文庫」からのお知らせ(2024/1/6)

1月8日、吉祥寺の「ブックマンション」のお店番に入ります。 そのタイミングで、私の棚のテーマ切り替えを予定しております。-次なるテーマは、今年の大河ドラマにちなんで「源氏物語」にしたいと思います。-源氏物語を題材にしたお能に関する本や、紫式部が…

「大槻能楽堂 創立九十年記念公演 1月4日」を観る

1月4日、3年ぶりに大槻能楽堂 へ。伺ったのは、「大槻能楽堂 創立九十年記念公演 1月4日」。-万作さんと萬斎さんと裕基くんで、3人の三番叟をなさる、と知り、これは観なければ、と。-「翁 弓矢立合 三人之舞」翁が観世宗家&観世銕之丞さん&大槻文蔵さん。-…

福神漬から能装束を連想する

夫の実家に帰省し、義母とスーパーへ行った時の事です。「そこの福神漬、カゴ入れてくれる?赤いのと白いの両方。」と義母。-どうやら、俗に"カレー用"と称される茶色系の福神漬が、「白い」福神漬である模様。-スーパーから帰ってフト気付いたのですが、義…

十二月大歌舞伎の「爪王」を観る

年末に歌舞伎座で「爪王」なる舞踊劇を観ました。 -伺ったのは、十二月大歌舞伎 の第二部の幕見。-鷹の七之助さんと狐の勘九郎さんの闘いシーンが!凄絶に美しかった!!!まるで、このおふたりに当て書きされたかのよう。-鷹も狐もセリフは一切なしで、心情…

「萬斎 イン セルリアンタワー 23」を観る

12月23日、セルリアンタワー能楽堂へ「萬斎 イン セルリアンタワー 23」を観に行って参りました。-この公演は萬斎さんがフリートークで年間総括をしてくださる、という特別な会。-なので、この公演に行かない事には年が越せない、くらいの思いで楽しみにして…

「国立能楽堂開場40周年記念企画公演 リクエスト能・狂言」を観る

12月23日、国立能楽堂で「開場40周年記念 リクエスト能・狂言」を観てきました。-今回のリクエスト企画は、9月の国立能楽堂主催公演に行くと、1回行くごとに1枚のリクエスト投票用紙を貰える仕組みでした。-狂言もお能も、いくつかの候補曲の中から選択して…

「第104回 野村狂言座」を観る

12月14日、宝生能楽堂で、を観てきました。-久々の萬斎さんの解説。久々の黒紋付き!-「通円」の解説では、シテの好みで面のテイストが分かれる、と。今回シテの万作さんは、「頼政」寄りの面を好まれるけど、ご自身は少し別の方向を指向したいのだ、と。-そ…

「高砂」の謡蹟・高砂神社を訪問する

いきなり高砂神社に行くチャンスに恵まれました。あの「高砂」の謡蹟の高砂神社です。 -実は、姫路に出張する事になり、前泊して姫路城にでも行こう、くらいのプランだったのですが、-新幹線に乗ってからフト思いついて調べてみたら、姫路から電車15分で行け…

「第十二回 佐久間二郎 能の会 三曜会」を観る

12月3日、国立能楽堂で「第十二回 佐久間二郎能の会 三曜会」を観てきました。-狂言は、「腰祈」。お能に登場する山伏の装束との違いを見て欲しい、という佐久間先生の意図で、お願いした選曲だそうです。-祖父が万作さん。その孫である山伏を、リアル孫の裕…

いもづる文庫からのお知らせ

私が一棚オーナーをしている本屋「いもづる文庫」(棚番:145号)より、お知らせです。-11月26日 15時から、吉祥寺の「ブックマンション」にお店番に入ります。こちらのブックマンションでは、一棚オーナーが持ち回りでお店番をしています。-当日は、「いもづる…

「万作を観る会」に行く

11月23日、国立能楽堂にて「万作を観る会」を楽しんで来ました。 -「蝸牛」太郎冠者が萬斎さん、山伏が裕基くん、主が深田さん、後見が高野さん。 - 萬斎さん&裕基くんの身体性が鮮やか。 お二人のパワーバランスが、実世界とは逆転してるのも楽しい。 - こ…

「銕仙会 11月 定期公演」を観る

11月10日、宝生能楽堂へ、銕仙会の定期公演を観に行ってきました。-「粟田口」大名が萬斎さん、太郎冠者が高野さん、すっぱが太一郎くん、後見が内藤くん。-萬斎さんは、すっぱを2つの名前で交互に呼びます。謡のように節をつけて、ドラマチックに。-「法師…

「第七回 文の会」を観る

10月29日、観世能楽堂で「第七回 文の会」を観てきました。-「松風」。松風が武田文志さん、村雨が関根祥丸さん、旅僧が大日向さん、浦人が中村くん。-めちゃくちゃ素敵でした。特に地謡が。私のお席は、地謡の後列も手前側お二人までがシッカリ見える、とい…

ブックマンションでお店番をする

今日は、吉祥寺のブックマンションでお店番をしました。-お店は地下一階にあるのですが、外階段に面した硝子ドアから入ってくる陽射しが綺麗でした。時間と共に陽が当たるエリアが推移していく様を楽しみながら、ゆったり過ごしました。- 今回は、お店の入口…

翁&三番叟の関連本フェアやります

本日(10/26)は、吉祥寺のブックマンションのお店番に参りまして、「翁」&「三番叟」関連本フェアいたします。 -お店当番は少し多めにスペースを使えるので、「いもづる文庫」に置ききれない分を、本日のみ多めに並べたいと思います。 -BGMも、三番叟などの能…

「いもづる文庫」のテーマ入れ替えのお知らせ

私が細々と営んでおります一棚だけの本屋「いもづる文庫」(棚番:145号)より、お知らせです。 -秋も半ばを過ぎ、年明けに各地で上演される翁や三番叟へのワクワクが、高まってまいりました。-そこで、次なる棚のテーマは、「翁&三番叟」にしたいと思います。…

「いもづる文庫」のテーマ入れ替えのお知らせ

私が細々と営んでおります一棚だけの本屋「いもづる文庫」(棚番:145号)より、お知らせです。 -秋も半ばを過ぎ、年明けに各地で上演される翁や三番叟へのワクワクが、高まってまいりました。-そこで、次なる棚のテーマは、「翁&三番叟」にしたいと思います。…

「第37回 月窓寺 吉祥寺薪能」を観る

10月17日、月窓寺の「吉祥寺薪能」へ行って参りました。-狂言は「昆布売」。万作さんの昆布売に、萬斎さんの大名、という贅沢な配役。-昆布売りソングをレクチャーされると、大名さまはたちまち修得して即、実践。なんと佳いお声〜-むしろ教え手よりも上手い…

「第二十三回 久の会 鵜澤雅 二十七回忌追善能」を観る

10月9日、宝生能楽堂で「第二十三回 久の会 鵜澤雅 二十七回忌追善能」を観てきました。-「姨捨」のアイが、これぞ萬斎さま!な凄みの語りでした。-装束は、空色の段熨斗目に、ウニちっく模様の鉄紺の長裃。はいっその長裃をお召しくださるに違いない、と願…

「狂言 ござる乃座 68th」(10月8日)を観る

極上の「武悪」を観ました!伺ったのは、国立能楽堂で開催された「狂言 ござる乃座 68th」。-主が万作さん、武悪が萬斎さん、太郎冠者が裕基くん、後見が飯田くん。-裕基くんが、めちゃくちゃ良かった!前半、主と幼馴染の間で苦悩する様子は、ストレートプ…

トークイベント付き「能 狂言『鬼滅の刃』」展に行く

10/2は、横浜能楽堂で、トークイベント付き「能 狂言『鬼滅の刃』」展を聴講してきました。 -まずは、萬斎さんがお一人で、今回の作品全編を通しての解説というか、演出の思いを語ってくださり。-観客が理解できるよう、どこまで歩み寄るのか、という匙加減…

トークイベント付き「能 狂言『鬼滅の刃』」展に行く

10/2は、横浜能楽堂で、トークイベント付き「能 狂言『鬼滅の刃』」展を聴講してきました。 -まずは、萬斎さんがお一人で、今回の作品全編を通しての解説というか、演出の思いを語ってくださり。-観客が理解できるよう、どこまで歩み寄るのか、という匙加減…

「能 狂言『鬼滅の刃』」(神奈川公演・千秋楽)を観る

10/3は、 「能 狂言『鬼滅の刃』」の大千秋楽でした! たのしさテンコ盛りでしたーー-今回はカーテンコールまで!!なんて大サービスをしてくれんだぁしかも、広忠さんも一緒だなんて!!!ひゃふぉーーーっリラックス裕基くんがキラキラしてるぅ・・・と、…

「能 狂言『鬼滅の刃』」(神奈川公演・初日)を観る

9/30、横浜能楽堂へ、「能 狂言『鬼滅の刃』」を観に行ってきました。 -古色蒼然とした横浜能楽堂の柱や梁が青白くライティングされると、いつもの優美さとは、また一味違った美しさが立ち現れてきました。-この照明に、スタイリッシュなお囃子が、めちゃく…